2018年05月31日

PICKUP NEWS


ガザから砲弾100発 イスラエル報復、65カ所空爆(2018/05/31朝日新聞)
パレスチナ自治区ガザ地区を実効支配するイスラム組織ハマスなどとイスラエル軍の攻撃の応酬が激化し、2014年夏の大規模戦闘以降で最大規模となっている。イスラエル軍などによると、29日から30日にかけて、ガザ地区からイスラエル南部に向けて迫撃砲弾やロケット弾が計約100発、発射された。イスラエル軍は両日、報復としてガザ地区のハマス関連施設など65カ所を空爆した。
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13518790.html



(社説)麻生財務相 もはや辞めるしかない(2018/05/31朝日新聞)
麻生財務相はただちに辞任すべきである。公文書の重み、財務省が犯した罪の深さを理解できない大臣に、問題を解決できるはずがない。森友学園問題をめぐる決裁文書の改ざんを、財務省は「書き換え」と表現している。それを国会で指摘され、麻生氏は「バツをマルにしたとか、白を黒にしたとかいうような、いわゆる改ざんとか、そういった悪質なものではない」と答えた。・・・麻生氏をかばい続ける安倍首相の責任は重大だ。「麻生財務相の指揮の下、全容解明し、再発防止に全力を挙げてもらう」というが、一連の問題はすべて麻生氏の指揮下の組織で起きたのである。麻生氏の続投にこだわるのは、問題の是正よりも政権の維持を優先させたい思惑にしか見えない。
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13518706.html



(社説)党首討論 安倍論法もうんざりだ(2018/05/31朝日新聞)
質問に正面から答えず、一方的に自説を述べる。論点をすり替え、時間を空費させる――。1年半ぶりにようやく開かれた党首討論は、そんな「安倍論法」のおかげで、議論の体を成さない空しい45分となった。・・・加計学園が理事長と首相の面会を捏造(ねつぞう)していたと発表した問題では「訴訟になれば時間がかかる。私の感情のために総理の時間を費やすべきではない」と述べた。枝野氏は首相が問題視していないことに疑問を呈しただけで、学園を訴えるべきだと迫ったわけではない。明らかに論点をずらしている。

 共産党の志位委員長は、公文書の改ざん、隠蔽(いんぺい)、廃棄、虚偽答弁が安倍政権下で相次いでいることの原因を繰り返し首相に問うた。しかし、首相はそれに答えず、「うみを出し切り、組織を立て直したい」と今後の対策に話をすり替えた。
https://www.asahi.com/articles/DA3S13518707.html



イラン核合意 米とたもと分かつ欧州(2018/05/31東京新聞)
米国のイラン核合意からの離脱に対し、欧州は合意を守り抜く決意を表明し米国とたもとを分かった。欧州企業への制裁も懸念される。価値観がずれてしまった同盟国と、どう関係を築き直すのか。・・・マクロン仏大統領、メルケル独首相は今月、相次いでロシアのプーチン大統領と会談、メルケル氏はさらに中国の李克強首相とも会談し、核合意支持で一致した。しかし、覇権主義的な中ロへの接近には懸念も残る。
 EUは欧州企業が米国の制裁対象になった場合の保護策や、イランでの事業への融資などを検討するが、実効性は不透明だ。この危機に結束を取り戻し、さらなる知恵を生み出してほしい。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018053102000136.html



再生エネ技術こそ輸出を 日立の英原発計画 地元住民団体に聞く(2018/05/31東京新聞)
日立製作所による英国への原発輸出計画に反対するため来日した地元住民団体メンバーが本紙のインタビューに応じた。教師のリンダ・ロジャーズさんは「原発は島の環境を汚染する心配がある上、再生可能エネルギーに対して価格競争力を失っており英国民の重荷になる」と指摘。「日本政府と日立は風力など英国の未来につながる技術を輸出してほしい」と訴えた。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201805/CK2018053102000154.html


「赤ちゃんはパパよりママ」 萩生田氏発言が波紋「時代錯誤」(2018/5/31東京新聞)
 赤ちゃんはパパよりママなのか−。自民党の萩生田(はぎうだ)光一幹事長代行(54)が講演で、母親による育児が前提の子育て論を展開し、波紋を広げている。子育てに向き合うパパやママたちからは「育児をしたことがない人の意見」「女性も働けと言っているのはどこの政権?」と批判が噴出。識者からは「性差別に敏感な国では考えられない」との声も。・・・
 講演で、萩生田氏はゼロ歳から保育園に預けることについても「赤の他人様に預けられることが本当に幸せなのか」と懐疑的な考えを語った。これに対し「保育園を考える親の会」代表の普光院(ふこういん)亜紀さん(61)は「子育ての悩みを相談できる保育園は、保護者の精神的な支えになっている」と強調。母親の孤立による産後うつや、児童虐待防止など、保育園の果たす重要な役割を挙げる。
 男性の育休取得率は、スウェーデンが90%以上なのに対し、日本では5%程度。夫は仕事、妻は家事・育児といった性別役割分担の意識が根強く残っていることが背景にあり、国際機関が発表した二〇一七年版「男女格差報告」で、日本の男女平等の実現状況は百四十四カ国中百十四位だ。
 フランスで二児の子育てをしているライターの高崎順子さん(44)は、「フランスでは、男女平等が国の大きな目標の一つ。子育て政策の議論では、性別による役割分担を限定しないよう、『Parent(親)』と性別を限定しない用語を使っている」と説明する。
 高崎さんは、萩生田氏の発言を「母親が乳幼児育児の主な担い手で、支援が必要という現状認識は正しい」としつつも、「育児の担い手は母親であるべきだという考えは、男女不均衡を肯定しており、フランスの政界なら性差別主義で追及されるだろう。子育て政策は思い込みではなく科学的な根拠を持って語るべきだ」と話している。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201805/CK2018053102000139.html


posted by オダック at 17:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: