2018年09月04日

PICKUP NEWS


ロイター記者2人に懲役7年判決 ロヒンギャ殺害を取材(2018/9/4朝日新聞)
 ミャンマー最大都市ヤンゴンの裁判所は3日、国軍兵士によるイスラム教徒ロヒンギャの殺害行為に関する取材中に逮捕され、国家機密法違反罪に問われたロイター通信のミャンマー人記者2人に対し、懲役7年の実刑判決を言い渡した。同通信は声明で「ミャンマーの民主化にとって大きな後退だ」と批判した。
 判決を受けたのは、ワローン被告(32)とチョーソーウー被告(28)。2人は昨年12月、ヤンゴン市内のレストランで警察官から書類を受け取り、店を出たところで逮捕された。
 4月の予審では警察官の一人が、「上司から、記者に書類を渡した後、すぐ逮捕しろと命じられた」と証言。おとり捜査の可能性が高まっていたが、判決はこれには触れなかった。

 判決には批判が相次いだ。ヤンゴンの国連人道調整官は、「報道の自由は平和や正義に欠かせないものだ」との声明を出した。国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチも声明で、「アウンサンスーチー(国家顧問)の政権で、報道の自由が軽視され、権利もよりないがしろにされていることを示した」と訴えた。ワローン氏は法廷の外で報道陣に、「私は何も怖くない。正義を信じている」と話した。
https://digital.asahi.com/articles/ASL934Q3SL93UHBI00T.html?iref=comtop_list_int_n05



社説[佐喜真氏政策発表]「辺野古」から逃げるな(2018/9/4沖縄タイムス)
 知事選に出馬する前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新推薦=が3日記者会見し、政策を発表した。 米軍普天間飛行場について「固定化を避け、一日も早い返還を実現し、日米地位協定の改定を求める」としたが、辺野古新基地建設については態度を明らかにしなかった。政策にも明記していない。
 県が踏み切った「撤回」についても「国と県の動向を注視したい」と語るのみで是非については言及しなかった。
 撤回をどう評価するかは、辺野古の埋め立ての是非を明らかにするのと同じだ。埋め立てを認めるのか認めないのかという問い掛けにも自分の考えを明らかにしないのはいったいどういうことか。・・・
 米軍再編交付金は辺野古新基地を認めなければ、交付されない。
 再編交付金を受け取る考えを示しながら、新基地の是非を明らかにしないのは有権者を惑わすようなものだ。
 佐喜真氏は新基地建設を進める安倍政権の全面支援を受けている。政権との関係をどう捉えているのか、も説明する必要がある。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/308960



(社説)自民党総裁選 国民は視野にないのか(2018/9/4朝日新聞)
 自民党総裁選は事実上の首相選びである。投票権は党所属の国会議員と党員・党友にしかないが、国のかじ取りに幅広い国民の支持と理解を得ようというのなら、開かれた論戦に努めるのが当然だ。
 しかし、自民党、とりわけ安倍首相の視野には、国民の姿などないかのようだ。
・・・首相の関心は専ら、内輪の票固めに向いている。国会議員や地方議員、業界団体の幹部と連日、会合を重ね、きのうは首相支持の5派閥を中心とした合同選挙対策本部の発足式で、5年8カ月の政権の成果を並べ、支持を訴えた。
 論戦に消極的な首相の姿勢は、総裁選の運営にも反映している。街頭演説会は全国5カ所のみ。前回2012年の17カ所から大きく減った。
・・・森友・加計問題を引きずる首相としては、3選後の求心力維持のため、しゃにむに「圧勝」を演出したいのかもしれない。しかし、こんな内向きな総裁選を見せられては、国民はしらけるばかりだ。
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13663193.html?iref=comtop_shasetsu_01



<社説>総裁選報道への介入 不当な圧力は許されない(2018/9/4琉球新報)
 7日に告示される総裁選を前に、自民党が「公平・公正な報道」を求める文書を新聞・通信各社に送付した。記事や写真の掲載面積で候補者を平等に扱うよう注文している。新聞社や通信社は独立した報道機関であり、記事や写真の取り扱いで権力側からあれこれ指図される筋合いは全くない。
 自民党は、民主主義に不可欠な「言論の自由」の意味を理解しているのか。長く政権を握っているうちに、慢心が頂点に達した感がある。
 そもそも総裁選は一政党の党首を決める組織内のイベントにすぎない。ニュース価値によって、一方の候補者を大きく扱うこともあれば他方を小さく扱うこともある。各社が判断することであり、何ら制約を受けるものではない。
 自民党は新聞・通信各社を機関紙化したいのか。公権力が新聞記事の内容を検閲した戦前・戦中の言論統制をほうふつとさせる。
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-796018.html


posted by オダック at 18:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: