2018年09月30日

PICKUP NEWS


改正3年、進まぬ正社員化 派遣法「同じ職場は3年まで」 雇い止め増える懸念(2018/9/30西日本新聞)
 派遣労働者が同じ職場で働ける期間を最長3年とした改正労働者派遣法が30日で施行から3年を迎える。
・・・ 改正法は、それまで派遣期間に制限がなかった秘書や通訳など26の専門業務を含め、派遣社員が同じ職場で働ける期間を一律3年とした。3年を経過した派遣社員については(1)派遣先企業に正社員化などの直接雇用を頼む(2)派遣会社が無期契約で雇う(3)別の派遣先を紹介する−ことなどを派遣会社に求めた。
 ただ、派遣先の企業には直接雇用の義務はなく、3年たったら別の派遣社員に切り替えることも可能なため、正社員化は期待されたようには進んでいない。
 派遣社員として働く人に話を聞くと、派遣会社が直接雇用の壁となるケースもあるようだ。福岡市内の会社に派遣されているシステムエンジニア(SE)の40代男性は「派遣先は直接雇用に前向きだが、派遣会社が派遣先に要求する紹介料の高さがネックになり、話が進まない」と言う。
 「10年以上働いていた多くの人が同時期にまとめて総入れ替えとなった」「9月20日で契約打ち切り。国が勝手に決めた法律で、こちらは仕事がなくなる」−。市民団体「非正規労働者の権利実現全国会議」には、昨年9月から300件を超えるこうした声が寄せられていて、派遣切りに関する相談が増えつつある。
派遣元に責任持たせよ
 労働問題に詳しい嶋崎量(ちから)弁護士の話 派遣社員は日常的に雇い止めが起きているので、3年ルールで雇い止めになった場合も表面化しにくい。そもそも派遣会社は人材を派遣して利益を得ており“商売道具”を積極的に手放すとは考えられず、派遣先による直接雇用が進むとは考えにくい。一方、派遣会社に無期雇用される場合「非正規雇用の固定化」につながってしまう。改正法には不備が多い。派遣労働者の雇用安定について、派遣元に責任を持たせることが必要だ。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/453674/



余録 1970年代のカンボジア内戦を取材した米紙ニューヨーク・タイムズ特派員には…(2018/9/30毎日新聞)
 1970年代のカンボジア内戦を取材した米紙ニューヨーク・タイムズ特派員には頼もしい相棒がいた。「祖国を救うにはこの惨状を世界に伝えるしかない」と信じるディス・プラン。独学で写真技術を習得し、危険な取材も物おじしない現地記者だ▲その活躍は実話に基づく映画「キリング・フィールド」に詳しいが・・・▲ミャンマーで迫害を追及するロイター通信現地記者のワロン、チョーソウウー両氏も祖国を案じるジャーナリストだ。少数派イスラム教徒ロヒンギャを治安部隊が集団虐殺したという話を聞き、現場写真を入手すると、「ミャンマーの将来のため」と取材にのめり込む▲写真に写る実行者とおぼしき十数人の人定を急ぎ、1人が持つ銃の表示から部隊名を割り出した。「よし証拠を突きつけよう」。その矢先、2人は国家機密法違反容疑で逮捕され、今月、有罪判決が下された▲採用したロイターの支局長は2人の好奇心の旺盛さや気力の強さを買ったという。・・・▲カンボジアもミャンマーも民主化が進むと期待されたが、言論への弾圧は強まっている。時代が逆戻りすれば、正義や報道との摩擦も増えてくる。ワロン記者らは祖国をどんな思いで見ているのだろう。
https://mainichi.jp/articles/20180930/ddm/001/070/165000c



大津波、湾内で増幅か 沿岸の被害激しく インドネシア(2018/9/30朝日新聞)
 インドネシア・スラウェシ島中部で28日に起きた地震は、発生から一夜あけ、死者・行方不明者が400人を超すなど惨状が徐々に明らかになってきた。沿岸部を襲ったのは6メートルともされる大津波。数千棟の建物が倒壊し、道路や通信は寸断され、復旧の見通しは立っていない。
 現地報道によると、被害がもっとも激しいのは、震源から南へ約80キロ離れた人口約37万人のパル。沿岸部で多数の遺体が確認されており、近郊から訪れていたニニンさん(32)は地元紙コンパス(電子版)に「たくさんの遺体が、がれきだらけの浜辺や海面の中に見えた。使える道路も少しだけ」と話した。
https://digital.asahi.com/articles/ASL9Y6SBJL9YUHBI02B.html?iref=comtop_list_int_n05



立憲・枝野代表「おかしな閣僚を選んだら総理の問題」(2018/9/30朝日新聞)
枝野幸男・立憲民主党代表(発言録)
 (閣僚人事で麻生太郎財務相が留任した場合について問われ)解散は内閣の権限だが、閣僚人事というのは総理の専権事項です。総理がどういう判断をされるかということですが、国民の皆さんに申し上げておきたいのは、おかしな人を選んだら、おかしな閣僚の責任ではなくて、それを選んだ総理が問題なんだということで、それは一体であると。選ばれた人以上に選んだ人がおかしいということを強調しておきたい。(29日、東京都内での会見で)
https://digital.asahi.com/articles/ASL9Y630WL9YUTFK00C.html?iref=comtop_list_pol_n05



(声)障害者の働く環境、実態調査を(2018/9/30朝日新聞) 無職 風間忠道(新潟県 66)
 1977年、国立新潟療養所(現国立病院機構新潟病院)の筋ジストロフィー病棟に作業療法士として採用された。私は乳児期にポリオにかかり、後遺症で両足と右手にまひがあった。
 中央省庁や地方自治体における障害者雇用数の水増しが相次いで発覚している。障害者雇用促進法の確実な運用のための一つの方法として、30年間の勤務経験から、障害者職員の職場環境の実態や働きづらさの原因を探る調査を提案したい。
 入職当初、先輩の職員から「松葉杖の障害者がよく就職できたものだ。医療職を甘くみている」と言われた。私が対応する難病患者の安全を気遣ってのことと解釈したが、大きなショックを受けた。
 同僚たちの協力があり、幸い事故は皆無だった。しかし、患者を危険にさらさない配慮への緊張と不安は絶えずあった。
 患者が生活しやすい工夫をしたり生きがいづくりの支援をしたりと仕事は幅広かったが、患者への直接的な介助など私にはできない仕事もあった。一方、進行する病気や障害に対する当事者としての心情は理解できる。私のような医療従事者が患者に関わる意味の検証も必要だ。
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13702387.html?ref=pcviewpage



(社説)公害認定50年 「水俣病」は終わらない(2018/9/30朝日新聞)
 熊本と新潟で発生した水俣病を、政府が「公害病」と認定してから50年になる。
 これだけの長い時間が経ったにもかかわらず、いまも訴訟が続き、患者に対する心ない中傷と差別、そして補償の有無や金額をめぐる対立・葛藤が、地域に暗い影を落とす。
 認定は68年9月26日。熊本で患者の発生が最初に報告(公式確認)されてから、実に12年が過ぎていた。原因企業のチッソはこの年の5月まで、大量のメチル水銀を不知火海に排出し続けた。対応の遅れは膨大な患者を生み、昭和電工による新潟水俣病の被害ももたらした。
 水俣湾内の魚介類を食べることを禁止し、チッソ工場の排水処理施設を整備したことによって、患者は60年以降出ていないとして「終息」を宣言。補償問題も民事上の和解が成立しているとして、幕引きを図った。
 だが摂食禁止は有名無実で、施設も水銀を完全に除く機能はなく、汚染は止まらなかった。和解も、圧倒的に強い立場のチッソが、新たな要求はしないと患者に約束させたうえで低額の見舞金を支払う内容で、73年に熊本地裁が「公序良俗に反する」と述べ、無効とした。
 ・・・被害の実態も本当のところはわかっていない。民間医師団が自分たちの検診活動の結果と政策とのギャップに驚き、住民たちの広範な健康調査の必要性を訴えても、政府が一切応じないからだ。高齢になって症状の悪化を訴える被害者は少なくないが、その日常を支える体制も十分とはとても言えない。
 人の生命や健康よりも産業の振興が優先され、政官産学のもたれ合いの中で真相が覆い隠される。それが水俣病の歴史だ。そしてそのゆがんだ構造は、克服されないまま日本社会の中に厳然としてある。
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13702382.html?iref=comtop_shasetsu_01



イスラエル銃撃、少年ら7人死亡 500人超負傷 ガザ(2018/9/30朝日新聞)
 パレスチナ自治区ガザ地区のイスラエルとの境界付近で28日、イスラエルに対する抗議デモがあり、ガザ地区の保健当局によると、12歳と14歳の少年を含むパレスチナ人7人がイスラエル軍の銃撃で死亡、500人超が負傷した。

 イスラエル軍によると、ガザ地区の数カ所のデモに計約2万人が参加し、投石したり、タイヤを燃やしたりしたのに対し、軍は催涙弾や実弾などを発砲した。一部のデモ参加者は、爆発物を兵士に投げたという。軍はガザ地区を実効支配するイスラム組織ハマスの拠点への報復空爆も実施した。ガザ地区では3月末以降、デモが続いており、190人以上が死亡、2万人以上が負傷した。(エルサレム=渡辺丘)
https://digital.asahi.com/articles/ASL9Y4D74L9YUHBI018.html?iref=comtop_latestnews_04


posted by オダック at 15:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: