2018年10月23日

PICKUP NEWS


(社説)核軍縮の破棄 歴史に逆行する愚行(2018/10/23朝日新聞)
 核戦争の恐怖と隣りあわせに暮らした冷戦時代に時計の針を戻すつもりなのか。トランプ米大統領が、核戦力を縛る条約の一つを捨てる決定をした。
 INFと呼ばれる中距離核戦力の全廃を決めた条約である。1987年に当時の米国とソ連が結んだ史上初の核兵器削減条約であり、冷戦の終結を予感させる歴史的な合意だった。
 核大国の米国は、核の広がりを防ぐ国際条約により核軍縮の義務を負っている。それが逆に核軍拡へかじを切るのは愚行というほかない。
 ロシアの兵器開発に問題があるなら、条約を盾に圧力をかけて変更を迫るのが筋だ。貴重な取り決めの性急な破棄は、ロシアのさらなる開発と配備を許す逆効果をもたらすだろう。
 トランプ氏は、中国の急速な核強化にも言及した。今では、インド、パキスタンなども核保有し、国際条約に縛られていない核開発が進んでいる。
 07年にシュルツ、キッシンジャー両元米国務長官らが提唱した通り、核の力で安全を守るという抑止論は脱却するときだ。偶発的な衝突や判断ミス、核の流出のおそれ、経済的負担などを考えれば、核に依存する世界は危うい。
 米国の取るべき道は、ロシアとともに、中国なども巻き込んだ実効性のある核軍縮の枠組みづくりや信頼の醸成である。
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13735533.html?iref=comtop_shasetsu_01



「憲法審が強硬派に」  自民・船田氏が警鐘(2018/10/23東京新聞)
 自民党の船田元(はじめ)・衆院議員=写真=が二十二日、自らのブログを更新し、衆院憲法審査会で野党側と交渉に当たる布陣が「強硬派」に代わったとして懸念を表明した。「野党の反対を押し切って(改憲案を)国会発議できたとしても、国民投票で過半数の賛成を得られなくなる可能性が高い」と警鐘を鳴らした。
 衆院憲法審では、与野党協調を重視した中谷元(げん)氏が与党筆頭幹事から外れ、首相に近い新藤義孝氏に交代。船田氏も幹事を外れた。
 船田氏は、自らと中谷氏が「野党との話し合いを重視しつつ憲法改正を進める『協調派』とも呼ばれていた」と説明。「『強硬派』と呼ばれる首相に近い方々が、野党との交渉の前面に立つこととなった」と指摘した。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201810/CK2018102302000137.html



サウジ記者「代役」で生存偽装か 変装し総領事館出る、観光も(2018/10/23東京新聞)
 【ワシントン共同】サウジアラビア政府を批判してきたサウジ人記者ジャマル・カショギ氏が死亡した事件で、米CNNテレビは22日、サウジ側関係者の男が事件直後、カショギ氏そっくりの服装に眼鏡とひげを付けて総領事館を出て、イスタンブール市内を観光していたと監視カメラの映像とともに伝えた。トルコ当局は同氏が生存していると偽装する目的で「代役」を仕立てた隠蔽工作とみている。
 サウジ政府は当初、同氏が総領事館の裏口から出たと主張していた。後に、館内で「口論と格闘」の末に死亡したと説明を変えたが、トルコ当局者はCNNに「それなら何のために代役が必要だったのか」と語った。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018102301001382.html



茨城・東海第二 那珂市長、再稼働「反対」 同意対象6市村で初(2018/10/23東京新聞)
 首都圏唯一の原発で、十一月末に四十年の運転期限を迎える日本原子力発電(原電)東海第二原発(茨城県東海村)を巡り、再稼働に事前同意が必要とされる地元六市村のうち、那珂(なか)市の海野(うみの)徹市長が二十二日、本紙の取材に応じ「事故が起きれば、市は立地自治体以上の被害を受けるかもしれない。再稼働に反対だ」と述べた。 
 那珂市を含めた東海第二三十キロ圏の六市村は、原電が再稼働時に同意を取る協定を結んでいる。六市村の首長で再稼働反対を表明したのは海野市長が初めて。
 海野市長は来年二月に任期満了を迎える。出馬については明言していないが、仮に続投すれば、任期中は東海第二の再稼働は難しくなる。
 反対の理由については、市が二〇一六年度に実施した、再稼働についての市民アンケートの結果を挙げた。「反対」「どちらかといえば反対」と答えた人が約65%を占めた。
 「市民の意思を反映したかった。自分が市長であるうちに決断したかった」と語った。
 さらに「原発事故が起きれば、風向き次第で那珂市も甚大な被害を受ける」と強調。東海第二が老朽化していると指摘し「早く片付けてほしい」と、早期の廃炉を求めた。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018102390065619.html


posted by オダック at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: