2019年06月03日

PICKUP NEWS

【埼玉】<ひと物語>故郷追われた民族支援 クルドを知る会代表・松沢秀延さん(2019/6/3東京新聞)
 世界に三千万人以上いると推定され「国を持たない世界最大の民族」とされるクルド人。主にトルコやイラクなど中東の山岳部で暮らすが、第一次世界大戦の戦勝国が引いた国境で居住地が分断され、弾圧されてきた。
 県内では川口市や蕨市に多く、蕨周辺はペルシャ語で国を意味する「スタン」を付けて「ワラビスタン」とも呼ばれている。関東地方で活動する「クルドを知る会」代表の松沢秀延さん(71)=草加市=は、長年支援を続けている一人だ。
 クルド人との出会いは、一九八〇年代。人手不足で、勤務先の造園会社には多くの外国人が働いていた。ある日、突然一人の男性が姿を消した。二年後に再び事務所を訪ねてきた男性は、片言の日本語で「ウシクにいる」。茨城県牛久市にある入国管理センターに収容され、仮放免中だと説明した。トルコから迫害され、来日したクルド人だった。
 「トルコに旅行したことはあるが、迫害されている民族がいたとは知らなかった。歴史を学ばなくては、彼らがとんでもないことになる」。外国人との交流を通して、民族問題などへの理解を深めていった。
 二〇〇三年、同僚のクルド人から「自分たちのコミュニティーをつくりたい」との申し出を受け、JR蕨駅前に部屋を借り「クルディスタン&日本友好協会」を開設。日本人でつくる「クルドを知る会」も立ち上げ、行政手続きの援助のほか、歌やダンスを披露して日本人と交流する場を設けるなど支援している。
 ただ、ビザがない場合の法律の壁は厚い。親が法務省の施設に収容されて寂しがる子ども、保険証がなく実費負担を分割払いする妊婦…。松沢さんは「彼らを難民として、人として、政府が認めないことが一番の問題」と怒りをあらわにする。
 日本では昨年、一万四百九十三人が難民申請をしたが、認定されたのはわずか四十二人。松沢さんが支援する、国に在留特別許可を求める訴訟を起こした仮放免中のクルド人の六人家族は今年二月、成人の子ども二人についてだけ、難民ではなく留学生として滞在が認められた。仮放免中に在留特別許可が出るのは画期的とされるが、松沢さんは「難民の申請数を減らそうとしているにすぎない」と国の対応を批判する。
 故郷を追われながらも、いつ強制帰国させられるか分からない不安におびえるクルド人は多い。「彼らは私たちと同じ人間です。人と人として向き合える社会になれるよう、まずは多くの人に存在を知ってほしい」との願いが松沢さんの活動の原動力だ。 

<まつざわ・ひでのぶ> 長野県出身。高校卒業後、航空自衛隊に3年勤務。美術学校を経て、3年間、中東など30カ国以上を周遊した。旅先で出会った見知らぬ人から食べ物をもらうなど、助けられた経験が今につながっているという。15日まで、東京都千代田区の日本教育会館でパネル展「わたしをここからだして」を開催中。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201906/CK2019060302000132.html



(声)犯罪者生む社会、直視したい(2019/6/3朝日新聞)精神科医 塚原敦子(神奈川県 47)
 川崎市で突然、尊くいとしい命が絶たれた事件はあまりに悲しく不条理だった。一方で、犯罪者は私たちの社会から生み出されるということも、忘れてはならない。

 この事件と一緒にはできないが、私が普段携わる患者さんには、あまりに悲惨な成育歴を持ち、時には人を巻き込んで死にたいともらす人もいる。しかし、人間として関わりを続け、生活が安定してくるとそうした考えは消えていくことも多い。

 犯罪者とて生まれた時は無垢(むく)であったはずだ。不安定な家庭、貧困、孤独が、人でなしの罪を犯すに至らしめることもあるだろう。そして、人の心をなくした者に厳罰を唱えても犯行を防ぐことは出来ない。

 劣悪な環境に生まれても、生きる手立てを学び、社会の一員となれる機会を与える方策が必要だ。愛情や思いやりに触れ、じっくりと向き合ってくれる人を得させること。そうすれば、人が人の心を捨てて蛮行に及ぶことの可能性は減らせるはずだ。それが遠回りでも、悲しい犯罪を減らす唯一の道だろう。

 人を殺すことも殺されることもない社会へ。政治には有効な手立てを示すよう期待したい。
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14041055.html?ref=pcviewpage



(声)「英語も姓から」に自国主義の影(2019/6/3朝日新聞) 無職 鈴木善三(宮城県 87)
 私は米企業製のパソコンを使用している。キーボードが昔愛用していたタイプライターと同じ文字並びで、便利だからだ。しかし、英国の友人に手紙を書くとき、抵抗感を覚える。パソコンが本来の英語のつづりを「間違い」と指摘し、アメリカ英語への変換を求めるからである。まるでトランプ大統領の米国第一主義のようだ。

 こうした強い立場からの強要は、日本人名のローマ字表記を「姓・名」の順に変更せよとの方針にも感じる。柴山昌彦文部科学相が国語審議会の答申内容を改めて徹底すると表明した。

 令和の新時代に呼応した改革だというのだろう。だが、外国の友人との間でファーストネームで呼び合う親密さは失われ、私は数え切れないほどいる同姓と同じ呼称になる。私の名「善三」は「積善の家には必ず余慶あり」が由来だ。親が与えてくれた名前を軽視する国の意向に日本第一主義かと疑いたくもなる。定着した慣習を「上」からの意向で変更するのには反対だ。
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14041057.html?ref=pcviewpage



<金口木舌>T4作戦と「内なる差別」(2019/6/3琉球新報)
 ドイツ紙に載った意見広告。「ヘルガ 1923年8月5日生まれ。41年に連れていかれてナチスに殺された。家族によって黙殺された。でも、あなたをずっと思い出しますよ。あなたのめい、ギーゼラ・プッシュマン」

▼ナチスのT4作戦は障がいのある人を標的とした殺害計画。てんかん発作がある17歳のヘルガも狙われた。視覚障がいがある日本障害者協議会代表・藤井克徳さんの著書「わたしで最後にして ナチスの障害者虐殺と優生思想」に詳しい
40〜41年の作戦期間中だけでも7万人余が殺されたが、ユダヤ人大虐殺と比べてT4作戦はドイツ社会で知られていない。家族に障がい者がいることを隠したい遺族の意識が影響したとの見方もある
▼ヘルガの存在を兄であるプッシュマンさんの父や母も伏せ続けた。プッシュマンさんは風化させたくない思いで、意見広告をほぼ毎年出している
▼藤井さんは親族による振る舞いを「内なる差別」とし、誰の心にも潜むと指摘する。優生政策に根底に流れる「強い国」をつくる思想は虐殺や強制不妊・断種などで人権を踏みにじった。傍観した人々も加害者といえる
▼旧優生保護法を問う国賠訴訟が全国で審理中だ。県内在住244人を含む568人が原告のハンセン病家族訴訟も熊本地裁で起こされた。国の責任を追及し一人一人の「内なる差別」に問い掛ける。
https://ryukyushimpo.jp/column/entry-929416.html



<社説>プラスチックごみ 排出削減の取り組み急げ(2019/6/3琉球新報)
 プラスチックごみが、世界各地で深刻な環境汚染を引き起こしている。ごみの処理促進と併せて、プラスチックの使用を大幅に減らすための対策を急がなければならない。
 スイス・ジュネーブで5月上旬、有害な廃棄物の国際的な移動を規制するバーゼル条約の締約国会議があり、汚れたプラごみを輸出入の規制対象に加える条約改正案が採択された。プラごみによる海洋汚染に歯止めをかけることが目的だ。国際的な法規制は初めてであり、意義深い。
 改正案は日本とノルウェーが共同提出した。昨年6月の先進7カ国首脳会議では日本と米国は海のプラごみ削減の数値目標文書に署名せず、批判されていた。日本は、国民1人当たりのプラごみ排出量が米に次いで世界第2位でもある。条約改正の提案国として今後は対策推進に責任を負わなければならない。
 汚れたプラごみが輸出入の規制対象になった背景には、最大輸入国だった中国が昨年1月にプラごみなどの輸入を禁止したことがある。行き場を失ったプラごみは各地であふれており、中国に代わる輸出先と目された東南アジアも規制を強化している。
 マレーシアは、日米など少なくとも7カ国からプラごみが不法に輸入されたとして計3千トンを送り返すと発表した。同国の環境相はプラごみの不法処理で大気や水の汚染が深刻化していると指摘し「マレーシアは世界のごみ捨て場にはならない」と訴えた。
 フィリピンは、カナダの業者が輸出し放置していた大量のごみ入りコンテナを貨物船でカナダ向けに送り出した。カナダの対応の遅さに激怒したドゥテルテ比大統領は、ごみを引き取らないなら「戦争する」と語った。プラごみが外交問題にも発展している事態を重く受け止めたい。
 日本政府は5月末にプラごみの海洋流入を減らすための行動計画をまとめた。国内のプラごみ大幅削減を目指す資源循環戦略と、海岸漂着ごみ対策の新たな基本方針も決定した。6月末に大阪で開く20カ国・地域(G20)首脳会合では、「2050年に海への流出をゼロにする」との目標への合意を目指すという。
 だが足元はおぼつかない。ごみの大幅削減に向けた産業界との調整を含む国内態勢の整備は進まず、レジ袋有料化の義務付け、ペットボトルやストローへの新素材導入などの取り組みも遅れている。政府は主導権を発揮すべきだ。
 近隣諸国からの漂着物が多い沖縄にとって、プラごみ問題はとりわけ深刻だ。海を漂う間に壊れてできる微小なマイクロプラスチックが県内各地の沿岸から高密度で検出されている。海洋生物や人体への影響も懸念される。・・・
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-929415.html
posted by オダック at 20:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: