2017年09月19日

PICKUP NEWS


パレスチナ統一政府樹立へ、ハマスが総選挙容認の姿勢(2017/09/18CNN)
エルサレム(CNN) パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスは17日、ガザ行政委員会を解体し、パレスチナ統一政府のガザでの活動や総選挙に向けた動きを受け入れると発表した。今回の発表は、パレスチナ自治政府が統治するヨルダン川西岸との和解につながる可能性もある。自治政府を率いるファタハとハマスは、エジプトのカイロで間接的な交渉を続けていた。ハマスはこの交渉について、「パレスチナの和解と分断の終結に対するエジプトの関心と、国家統一の達成によってパレスチナの人々の希望をかなえることへの我々の関心の表れ」と説明している。
https://www.cnn.co.jp/world/35107394.html



ロヒンギャ難民が物資に殺到、3人死亡 バングラデシュ(2017/09/18CNN)
バングラデシュ南東部クトゥパロン(CNN) ミャンマー西部ラカイン州から少数派のイスラム教徒ロヒンギャの人々が大量に流れ込んでいるバングラデシュの難民キャンプで、支援物資を配る民間団体のトラックに収容者が殺到し、女性1人と子ども2人が死亡したことが18日までにわかった。バングラデシュに拠点を置くロヒンギャ支援活動の統括組織によると、ミャンマー国境に近いクトゥパロンのキャンプ付近で15日、支援のトラックから投げられる衣類に難民が殺到し、折り重なるように倒れる事故が起きた。死亡した3人の名前や年齢は公表されていない。
https://www.cnn.co.jp/world/35107389.html



65歳以上、3514万人 過去最多、人口の27.7%(2017/09/18朝日新聞)
65歳以上の高齢者人口(15日現在)は推計で3514万人となり、総人口に占める割合が27・7%にのぼった。前年より57万人(0・5ポイント)増え、いずれも過去最高。90歳以上は初めて200万人を超え、206万人となった。18日の「敬老の日」に合わせ、総務省が公表した。・・・働く高齢者は年々増えている。労働力調査によると、昨年の就業者は過去最高の770万人にのぼった。65〜69歳では男性の53・0%、女性の33・3%が就業していた。

 総人口に占める高齢者の割合は1950年以降増え続け、85年に10%、2005年に20%を超えた。国立社会保障・人口問題研究所の推計では、第2次ベビーブーム世代が65歳以上になる2040年には、総人口の35・3%が高齢者となる見通しだ。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S13138739.html



吉田調書を読み直す(2017/09/18東京新聞)
福島第一原発事故当時、所長だった吉田昌郎さんが政府事故調に話した記録、いわゆる吉田調書が公表されて三年になる。初めて読んだとき、驚いた部分があった。吉田さんは、一九九一年に第一原発で溢水(いっすい)事故があり、非常用ディーゼル発電機(DG)が使えなくなったと話して「(東日本大震災を別にすれば)日本の事故の中で一番大きい事故だと、私は思っているんです」と述べた。私は科学記者だったが、そんな重大な事故があったことを覚えていなかった。東電に損害賠償を求めている福島県の生業(なりわい)訴訟原告弁護団の馬奈木厳太郎(まなぎいずたろう)弁護士から「東電は発表していない」と聞いて、また驚いた。発表は「建屋で海水の漏洩(ろうえい)があり、原子炉を手動停止した」という内容で、事故の評価はレベル0。覚えていないはずだ。吉田さんは所長の前は原発の中長期的な課題に対応する原子力設備管理部長だった。調書を読み直すと、努力はしたが、費用などがネックになって十分なことはできなかったらしい。悔しさがにじんでいる。私は、費用よりも最初にトラブルを隠したためではないかと考える。調書が語る教訓は「あったことをなかったことにしてはいけない」なのだ。それは原子力に限らない。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2017091802000132.html



敬老の日に考える 聴かせてよ、宝の言葉(2017/09/18東京新聞)
語り継ぐ−。若い世代のそんな決意をよく耳にした夏でした。“戦争を知る大人たち”。その記憶こそ迷走の時代の宝物。今夜もゆっくり聴かせてほしい。七十二回目の八月の後ろ姿を見送りながら、日本原水爆被害者団体協議会(被団協)代表委員を長く務めた谷口稜曄(すみてる)さんは、八十八年の生涯を閉じました。・・・「ヒロシマナガサキ」というドキュメンタリー映画を初めて見たときの衝撃は、今も忘れられません。二〇〇七年八月五日、広島。原爆忌の前日でした。監督は日系米国人のスティーブン・オカザキさん。監督自らによる広島、長崎の被爆者十四人、そして原爆投下に関与した米国側の関係者四人のインタビューを中心に構成されています。映画の後半、谷口さんはにわかにシャツを脱ぎ捨てて、カメラの前に上半身をさらします。胸の大きな床擦れの痕跡は、うつぶせのまま寝たきりを強いられた、一年九カ月のなごりです。薄紙のようになってしまった皮膚を破って現れそうなあばら骨。「心臓の動くのが見えるようになっています−」谷口さんは、淡々と話し続けます。そしてくるりと向けた背中には、一九四五年八月九日のナガサキが、そっくりそのまま刻み込まれているようでした。・・・被爆だけではありません。今のこの先の見えない時代には、戦争を知る人たちの経験知こそ、何よりの宝物ではないのでしょうか。命に対する現実感にも想像力にも欠けた一部の為政者が、この国を再び“戦争のできる国”に塗り替えようとしています。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017091802000131.html



「国民をバカにしてると思われる」 山本元沖縄担当相、冒頭解散に懸念(2017/09/18東京新聞)
 自民党の山本一太元沖縄・北方担当相は十七日、自らのブログで、安倍晋三首相が臨時国会冒頭に衆院を解散した場合「内閣改造直後の臨時国会をやらず解散総選挙をやることを国民がどう受け止めるか。ちゃんと説明がないままやったら『国民をバカにしている』と思われてしまう」と懸念を示した。山本氏は加計学園問題などを念頭に「国民の目には『国会での疑惑追及を逃れるために解散する』みたいに映る」と指摘した。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201709/CK2017091802000137.html



専門家「植民地主義、今も」 東京で琉球・沖縄シンポ(2017/09/18琉球新報)
【東京】「私たちはなぜ植民地主義者になったのか」をテーマにした「琉球/沖縄シンポジウム第6弾」(実行委員会主催)が16日、東京都千代田区の東京しごとセンターで開かれた。パネリストたちは日本は戦後、植民地にした国や地域、人々への責任を放置し、問題を忘却・隠ぺいしてきたと指摘。「植民地主義は今も続いている。沖縄に対してもそうだ」と強調し、沖縄の自己決定権を尊重する闘いを広げる重要性を提起した。117人が熱心に話を聞いた。・・・宋さんは「歴史学にも敗戦までの植民地主義や人種差別を全部軍部の責任にする認識がある。植民地主義を問うことは日本の民主化の生命線だ。朝鮮学校無償化の問題は日本の民主主義のバロメーターだ」と話した。
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-577926.html


posted by オダック at 07:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

PICKUP NEWS


(日曜に想う)無関心と呼ばれる政治不信 編集委員・大野博人(2017/09/17朝日新聞)
人は自分で選んだ者たちを信じていない――。ある世論調査のデータを見ながら奇妙だけれど腑(ふ)に落ちると感じた。大阪商業大学のJGSS(日本版総合的社会調査)研究センターが拠点となって定期的に続けている全国調査の最新の結果だ。あらためて民主主義の危機について示唆的だと思った。・・・選挙とは本来、自分が信頼できるだれかを選ぶ仕組みのはずだ。しかし、多くの人が不信の思いを伝える手段にしようとする。ある人は棄権し、ある人は白票を投ずる。そしてまたべつの人は、「よりひどい」者を排除するために「まだまし」な者に一票を入れる。選挙結果が表現するのは、だれかへの信頼ではない。だれかへの不信だ。日本の国政選挙の投票率は低下傾向が続く。近年では半分近くの人が投票所に足を運ばない。議員を信頼していない人がざっと半分という調査データと重なる。低い投票率が示すのは、政治への無関心というより政治への不信と読める。民主主義では選挙こそが正統性の根拠だ、とだれでも考える。だがその結果、人々がもっとも信頼していない者たちが民主的な正統性を独り占めすることになるのだとしたら。奇妙だと思う。そして、このことは腑に落ちない。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S13137266.html



(社説)人づくり革命 言葉だけが躍っている(2017/09/17朝日新聞)
看板を掛け替えることで、新たな政策に取り組む姿勢を訴えたいのだろう。しかし看板に書かれた言葉の意味があいまいで、古い看板も残ったままでは、国民は戸惑うばかりだ。安倍内閣が「人づくり革命」を掲げた。女性活躍、1億総活躍、働き方改革に続く、4枚目の看板である。・・・」と言う。確かに会議の検討課題は、昨年6月に政府がまとめた「1億総活躍プラン」の延長線上にあるものが多い。では、1億プランについて成果と残る課題を整理したのか。総括を欠いたまま次へ進むことを繰り返した結果、4枚の看板を4人の閣僚が1枚ずつ担うことになった。それぞれが個々の政策をどう分担し、責任を持つのかさえ判然としない。会議では、幼児教育や保育の無償化、大学教育向けの給付型奨学金の拡充なども取り上げるという。その具体的な方法や財源を検討し、それぞれのコストと効果を踏まえて優先順位を考えることは必要だ。会議を通じて議論を深められるか、政権が問われることになる。大切なのは政策の見せ方ではない。どんな社会を目指すのかを国民に示し、共有しながら、具体策を積み上げることだ。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S13137216.html



(声)専守防衛の逸脱を危惧する(2017/09/17朝日新聞)元自衛隊員 水谷富雄(愛知県 72)
 15日、北朝鮮の発射した弾道ミサイルが北海道上空を通過した。これは北朝鮮への圧力強化を進める米国と日本への警告である。8月には島根、広島、愛媛、高知の4県にPAC3(地上配備型迎撃ミサイル)が配備された。Jアラート(全国瞬時警報システム)や、エムネット(緊急情報ネットワークシステム)もあるが、住民避難の対応も万全ではないようだ。政府が見直しに取り組むという防衛大綱(防衛計画の大綱)の焦点は、ミサイル防衛の強化と、敵基地攻撃能力の保有だと、私は考える。ただ、北朝鮮の脅威が念頭にあるとはいえ、平時から他国攻撃の兵器を持つことは憲法の趣旨に反する。借金大国なのに、来年度予算の概算要求は、4年連続で100兆円を超す。防衛費は過去最大の5兆2551億円で、2017年度当初予算に比べ、2・5%の増だ。国防は大事だが、防衛費の膨張傾向が進む一方でいいのだろうか。そして、他国への攻撃用兵器の導入を進めてもいいのだろうか。私は、憲法9条の枠内での「専守防衛」に徹すべきだと考える。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S13137218.html



日米地位協定  見直しに前向きな姿勢を(2017/09/17京都新聞)
在日米軍の地位や基地運用の詳細を取り決めた日米地位協定について、沖縄県が今月、改定案を独自に作成し、日本政府や在日米公使に提出した。米軍基地の外の事件や事故に際し、日本の捜査当局による財産差し押さえや現場統制の主導を可能にする内容だ。改定案は、昨年12月に名護市沿岸で起きたオスプレイ墜落事故で日本側が捜査から排除されたことなどを踏まえている。日米安全保障条約の体制下では、オスプレイも含め米軍機は全国どこへでも飛来できる。米兵や軍関係者による事故や事件が起きる可能性は、全国にある。現在の地位協定では、その際に日本側が主体性を発揮できない。それでいいのか、ということだ。

沖縄県が提起した問題は、沖縄限定の話ではない。京都や滋賀に暮らす人も、わがこととして考えたい。・・・基地内に関連がある地下水、土壌や文化財などの調査も、米軍の裁量に委ねられている。米軍に関連する事件や事故が起きる度に改定の必要性が指摘されてきた。だが、日本政府は米国に対し改定を提起したことは一度もない。運用の改善を申し入れてきただけだ。各国間の地位協定に詳しいジャーナリストによると、イタリアの米軍基地はイタリア軍の管理下にある。飛行制限や事故の検証もイタリア側に権限がある。昼寝の時間帯は米軍機が飛ばないという。協定の運用を協議する日米合同委が非公開なのも問題だ。委員会には日本から主要官庁の官僚、米側は主に軍関係者が出席する。2国間協定について軍人の意見を官僚が直接聞くのは異例である。文民対文民、武官対武官の外交原則から外れているのではないか。主権国家のありようが問われている。政府は地位協定の見直しに前向きに取り組むべきだ。
http://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/



週のはじめに考える 負の歴史に学んでこそ(2017/09/17東京新聞)
昭和の戦争の発端である満州事変は八十六年前の九月十八日に起こりました。日中の負の歴史に学んでこそ、確かな関係改善の道筋を見いだせるのです。満州事変は関東軍による自作自演の謀略である鉄道爆破の柳条湖事件で始まりました。その六年後には北京郊外で旧日本軍に銃弾が撃ち込まれる盧溝橋事件が起こり、日中は泥沼の全面戦争に突入していきました。・・・この時代は、「暴支膺懲(ぼうしようちょう)(粗暴な支那を懲らしめる)」と叫ぶ政府や軍の扇動により、日本社会では中国人を蔑(さげす)む風潮も生まれていました。日本政府や軍の一部高官が隣国をおとしめるような世論形成をし、満州事変の謀略にまで手を染めて戦争に突入していった歴史を忘れてはなりません。権力のおごりを戒めることは、安倍政権による民主主義の手続きを軽視する姿勢が目立つ今こそ、思い起こすべき歴史の教訓でもあります。

安倍政権は二〇一五年、集団的自衛権の行使を含む安全保障関連法の成立を強行し、「専守防衛」の枠組みを崩しました。犯罪を計画段階から処罰する「共謀罪」も数の力で成立させました。当局が「内心の自由」にまで介入してくる点では戦前の悪法「治安維持法」を思い起こさせます。・・・五年前の四十周年の際には、当時の民主党政権の「尖閣国有化」に中国が猛反発し、お祝いムードとはほど遠い険悪な状態でした。しかし、日本側が侵略戦争の歴史にきちんと向き合わず、中国が過剰な愛国教育で反発を強める現状は大変危険です。双方の指導者が求心力を高めるためにナショナリズムをあおるのであれば、不幸な戦争が繰り返される恐れすら否定はできません。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017091702000147.html



小泉氏訪朝15年 拉致問題に進展見えず 北、核保有に全力(2017/09/17東京新聞)
【北京=城内康伸】二〇〇二年九月に小泉純一郎首相(当時)が北朝鮮を訪問し、故金正日(キムジョンイル)総書記と初の日朝首脳会談を行ってから十七日で十五年。金総書記は拉致を認め、日本政府認定の被害者十七人のうち五人が帰国したが、その後は進展がない。北朝鮮は核とミサイルの開発に全力を挙げており、対日関係は後回しとみられる。非公式接触は続いているが、拉致問題解決の糸口は見えない。 小泉氏の訪朝を受け、北朝鮮は拉致被害者の横田めぐみさんら八人を死亡とし、生存を認めた五人を帰国させた。両首脳は、植民地支配など「過去の清算」と同時に、ミサイル発射の凍結などに合意、「日朝平壌宣言」に署名した。小泉氏は〇四年五月に再訪朝。被害者家族五人が帰国を果たした後、拉致問題は停滞状況が続く。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201709/CK2017091702000123.html



<社説>やんばる国立公園1年 奇跡の生態系守り抜こう(2017/09/17琉球新報)
本島北部の国頭、大宜味、東の3村の陸域1万3622ヘクタール、海域3670ヘクタールが「やんばる国立公園」に指定されてから、15日で1年を迎えた。国内で33番目、県内では1972年の西表石垣、2014年の慶良間諸島に次いで3番目の指定だ。指定日の9月15日は1983年に国頭村で固有種ヤンバルテナガコガネが発見された日だ。多様な生命を育むやんばるの森の大切さを再認識する日としたい。・・・米軍施設と隣接する国立公園も国内では初めてだ。米軍北部訓練場では指定の前後、新たなヘリパッド(ヘリ着陸帯)が相次いで建設され、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイがやんばるの森を飛行し、騒音をまき散らしている。国立公園は日本を代表する自然の風景地を保護し利用促進を図るのが目的だ。米軍施設の存在は明らかに国立公園の趣旨に反する。米軍北部訓練場は過半ではなく、全てを返還するべきだった。
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-576875.html



ネコ、降りられニャい→消防が救出 7メートルのアーケードから 那覇(2017/09/17琉球新報)
 沖縄県那覇市牧志の平和通りで15日、ネコが高さ約7メートルのアーケードの支柱に登り、降りられなくなった。那覇市消防局の隊員10人が2時間かけて救出。買い物客や観光客もアーケードを見上げ、にゃんとも言えない珍事件を見守った。・・・平和通り商店街振興組合の矢野弘子専務理事が、通りの店から「ネコがアーケードに登っている」と連絡を受けて市環境衛生課に通報。市が現場を確認して消防に通報した。ネコは詰め掛けた人々を見下ろすと「降りられにゃい」とでも言いたげに口を開けて震えだした。警戒心が強く、逃げるネコと隊員の“説得”は約2時間に及んだ。最終的にネコの両側に隊員がはしごを伸ばして中央に追いやり、ネコを抱えこんだ。一件落着と思いきや、隊員の手から逃げて落下。落ちたネコを下にいた隊員がネットで受け止めると、周囲から拍手が上がった。
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-576484.html


posted by オダック at 19:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

PICKUP NEWS


有名なバイキング戦士、実は女性だった(2017.09.15ナショナルジオグラフィックス)
今から1000年以上前、現在のスウェーデン南東部にあたるビルカという都市で、裕福なバイキングの戦士が葬られた。立派な墓には、剣と矢じりが添えられ、2頭の馬も一緒に埋葬されていた。バイキングの男にとって理想的な墓である……たいていの考古学者はそう考えていた。ところが、研究者が遺骨のDNAを解析したところ、予想外の事実が確認された。墓の主は、女性だったのだ。武器と馬を副葬した理想的な墓、遺骨のDNAを解析/今から1000年以上前、現在のスウェーデン南東部にあたるビルカという都市で、裕福なバイキングの戦士が葬られた。立派な墓には、剣と矢じりが添えられ、2頭の馬も一緒に埋葬されていた。バイキングの男にとって理想的な墓である……たいていの考古学者はそう考えていた。

 ところが、研究者が遺骨のDNAを解析したところ、予想外の事実が確認された。墓の主は、女性だったのだ。・・・バイキングの伝承は、戦士が男性だけではなかったことを以前から示唆していた。10世紀初めのアイルランドの文献には、インゲン・ルーア(赤い娘)という女性戦士が、バイキングの船隊をアイルランドへと導いたとある。またゾーリ氏は、13世紀の「ボルスンガ・サガ」を含むバイキングの物語の多くに、男性戦士と共に戦う「盾を持った乙女」が登場すると指摘している。
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/091400054/?P=1



探査機カッシーニ、土星の大気に突入 13年間の探査に幕(2017/09/16CNN)
(CNN) 米航空宇宙局(NASA)によれば、土星探査機「カッシーニ」は米東部時間の15日午前6時30分ごろ、土星の大気上層に高速で突入し、熱と高圧のため燃え尽きた。打ち上げから約20年に及ぶミッションを無事に終え、土星の一部となった。
カッシーニによる最後の交信とデータはその約1時間半後、オーストラリアの首都キャンベラにあるNASA深宇宙ネットワークの施設に到達した。遠く離れた土星から地球まではデータの到達に時間がかかる。・・・カッシーニの打ち上げは1997年。2004年に土星軌道に到達した後、13年間にわたり土星やその衛星の探査を行ったが、これは土星の約半年に当たる。カッシーニは土星の北半球が冬の終わりを迎える頃に土星に到着、夏を見たところでミッション終了となった。
https://www.cnn.co.jp/fringe/35107371.html?tag=top;topStories



独選挙、与党独走で首相4選有力 反難民党に議席か(2017/09/16琉球新報)
【ベルリン共同】24日のドイツ連邦議会(下院)総選挙まで17日で1週間。メルケル首相率いる保守、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が支持率で独走し第1党を維持する勢いで、メルケル氏の首相4選が有力となっている。一方、難民らの受け入れに反対する新興右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の国政進出も確実視されている。メルケル氏は「欧州の盟主」と呼ばれ、欧州連合(EU)で絶大な影響力を誇る。続投を果たすかどうかで英国のEU離脱交渉や今後の欧州統合の在り方も左右される。
https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-576619.html



地下鉄車内で爆発 22人負傷 ロンドン(2017/09/16朝日新聞)
ロンドンの地下鉄の車内で15日午前8時20分ごろ(日本時間午後4時20分ごろ)、爆発があった。地元警察はテロ事件とみて、容疑者の行方を追っている。現場はロンドン南西部のパーソンズグリーン駅。ロイター通信などによると、22人が顔にやけどを負うなどのけがをしたが、命に別条はないという。駅周辺は封鎖され、多くの人が避難した。警察は「簡単な爆発装置」が使われたと説明。ツイッターでは、保冷バッグに入った白いバケツが車内に置かれ、燃えている写真が投稿された。英メディアによると、爆発物にはタイマーが付いていたが、完全な爆発には至らなかったようだという。防犯カメラの映像から、容疑者が特定されたとの情報もある。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S13135382.html



「飢餓人口」増、8億1500万人 中東・アフリカの紛争が影響 16年、WFPなど報告(2017/09/16朝日新聞)
最低限の体重を維持し、軽度の活動を行うのに必要なカロリーを摂取できない「飢餓人口」が、2016年、8億1500万人に達し、05年から続いていた減少傾向から明確に増加に転じた。国連世界食糧計画(WFP)などが15日、報告書で発表した。最大の原因は中東やアフリカで続く紛争の影響だとしている。・・・ 報告書によると、飢餓人口は05年から減少傾向が続いていたが、16年は対前年比で3800万人の増加になった。飢餓人口が全人口に占める割合も対前年比0・4ポイント増の11%。また飢餓に苦しむ子どもも多く、身長が年齢平均を著しく下回る5歳未満の子は1億5500万人に上った。飢餓人口が増加に転じた要因は紛争だとしている。特に、シリアやイエメンで内戦が続く中東や、南スーダンなどで内戦が続くサハラ砂漠以南のアフリカで増加が目立っている。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S13135381.html?ref=pcviewpage



(声)未来のため、負の歴史伝えよう(2017/09/16朝日新聞)無職 宮田伊津美(山口県 71)
 陶芸歴40年の私は12年前、中国・重慶市の美大で講義した。朝鮮の焼き物について説明した際、日本が戦前、朝鮮を植民地支配し、創氏改名や朝鮮語の使用制限など民族文化を破壊したことを話した。教室の雰囲気が一変し、学生たちの態度が変わった。授業後の感想文には、学生の多くが「日本人は誤りを認めず、謝罪しないと思っていたが、そうでない人もいることに驚いた」と書いた。出版社「学び舎(しゃ)」の歴史教科書を採択した中学校が圧力を受けた。その中心にいるのは、日本が中国で行った南京事件などの虐殺行為をなかったことにしようとする勢力ではないか。文部科学省も歴史教科書の検定で、日本の負の部分の記述を減らそうとしている。こうした動きが、中国政府による反日的な政策にも反映しているのではないか。日本の子供たちが将来、中国や韓国で、日本の負の歴史を知らないまま振る舞うと、よい結果がえられないことは明白であろう。子どもたちのための歴史教育は、史実はそのままに伝え、知識を身につけ、適切な判断を下せるようにすることが大切だ。教科書検定もその点を考慮してほしい。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S13135374.html



教員のわいせつ行為、なくせ 15年度懲戒処分、過去最多の195人(2017/09/16朝日新聞)
わいせつ行為を理由に処分される教員が後を絶たない。文部科学省の調査によると、2015年度は過去最多の195人が懲戒処分された。同省は重い懲戒処分を受けた教員の情報を共有し、処分歴をチェックできる仕組みをつくる方針だ。各地の教育委員会も防止策を練っている。・・・子どもへの性暴力の防止に詳しい大妻女子大人間生活文化研究所の徳永恭子研究員は「教員による子どもへのわいせつ事案対策は、子どもの人権に関わる問題」と指摘。事件を起こすと罰せられることを伝える研修だけでは不十分だという。また、「加害者が自分の先生だと、子どもは嫌と言いづらい。子どもが声を上げやすくなる教育や環境づくりも大切だ」と話した。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S13135306.html



筆洗/一九四〇年の秋、ロンドン郊外の名門リッチモンド・ゴルフクラブのコース上に(2017/09/16東京新聞)
一九四〇年の秋、ロンドン郊外の名門リッチモンド・ゴルフクラブのコース上に、爆弾が落ちた。ドイツ軍がロンドンを盛んに空襲していた時のことだ。クラブでは早速、こんな特別ルールをつくった▼<競技中に銃撃や爆弾投下があった場合は、罰打なしでプレーを中断し、避難することができる><爆弾の爆発によりストロークが影響を受けた場合、同じ場所から一打罰で打ち直すことができる>▼空襲で「ゴルフなどしている場合か」となっては、脅しに屈するようなもの。平気な顔で日常生活を続けようではないか…との姿勢を示したのだ▼きのうの朝は、大騒ぎであった。テレビは「ミサイル」ばかり。日常生活を丁寧に生きることの素晴らしさを描いたNHKの連続テレビ小説『ひよっこ』も、吹き飛ばされた▼北朝鮮がミサイルを発射しているのは、ある種の恐怖戦術だろう。電車は止まり、各地で避難訓練が行われ…という姿を見て喜ぶのは誰か、という気もしてくる▼英国の名門イートン校はかつて、生徒手帳にこういう「爆撃・爆破警報が出た場合の対処法」をのせていた。(1)建物が近くにある場合、ただちに中に退避せよ (2)室内にいる場合、飛散するガラスを避けるため窓を開け、カーテンを閉めよ (3)運動場にいる場合は、競技を続けよ。現実的で、ユーモアも忘れぬ。見事な危機対処心得ではないか。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2017091602000153.html



辺野古新基地:市民150人が抗議 資材搬入は確認されず(2017/09/16沖縄タイムス)
名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では16日午前、新基地建設に反対する市民ら約150人が集まり「新基地建設は許さないぞ」と声を上げた。京都府の立命館大学の学生5人も授業の一環で現場を訪れた。3年生の女子学生は「報道で知っていたけれど、米軍基地は威圧感がある」と初めて見る基地に驚いていた。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/143213



[大弦小弦]ウチナーンチュが県外に出て最も戸惑うことの一つが…(2017/09/16沖縄タイムス)
ウチナーンチュが県外に出て最も戸惑うことの一つが電車の乗り方ではないだろうか。私自身がそうだった。首都圏の大学に進学してたまに東京を訪れた。「地下鉄は複雑でよく分からない」という理由で、近くに地下鉄駅があっても素通りしてJR線だけで移動していたことがある▼今となっては笑い話だが、身近に電車という公共交通機関がなかったためハードルが高かった

▼戦後、本土では戦災復興として鉄道が再整備された。いまや北海道から九州・鹿児島まで新幹線が通る。かたや沖縄は戦後72年がたった今も軌道系のモノレール(12・9キロ)が1本あるだけ

▼沖縄には戦前まで県営の鉄道が走っていた。那覇から与那原、嘉手納、糸満に延びる3路線で全長47・8キロ。年間320万人以上が利用した「県民の足」。戦争で壊滅し、その後復活することはなかった
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/143149



広島、京都の退職教員と学生が抗議に参加 辺野古新基地建設(2017/09/16琉球新報)
【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、キャンプ・シュワブゲート前には16日午前、台風18号の通過に伴う悪天候にもかかわらず、市民や議員ら約150人が集まり、新基地建設に抗議の声を上げた。午前11時現在、工事車両による資材搬入は確認されていない。大浦湾海上や米軍キャンプ・シュワブ沿岸での作業も行われていない。ゲート前で抗議行動をしていた参加者は午前10時ごろ、雨が強くなったことを受け、テントに移動した。京都府の立命館大学から授業の一環で来県している大学生5人があいさつした。3年生の男子学生は「ニュースで見るのと現場で見る米軍基地の規模の違いに驚いている。報道で分からない現実を知ることができた」と話した。
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-576561.html



<社説>元米国防長官証言 「辺野古唯一」虚構を証明(2017/09/16琉球新報)
 沖縄に過重な負担を押し付ける安倍政権の「辺野古唯一」論は、どう取り繕おうと虚構である。そのことが改めて証明された。元米国防長官ペリー氏が米軍普天間飛行場の移設先の決定要因は「安全保障上の観点でも、軍事上の理由でもない。政治的な背景が原因だった」「米国がここに移設しなさいと決定する権利はない。(移設先の決定には)日本政府の政治的な判断が大きく関わっている」と述べた。

「政治的な背景」や「政治的な判断」とは何か。
 米軍基地問題の沖縄以外への波及を避けることに主眼を置き、沖縄に過重な米軍基地負担を負わせることを躊躇(ちゅうちょ)なく選択した政府の姿勢のことである。それは沖縄差別政策にほかならない。・・・移設先決定権は日本政府が持っていた。にもかかわらず沖縄の過重負担を解決できる機会を放棄したのである。その結果、米軍人・軍属の事件事故の犠牲が連綿と続いている。昨年の米軍属女性暴行殺人事件も、政府の沖縄に対する差別的な基地押しつけの延長線上にある。日本の関係者の話などからも辺野古を移設先とした理由が明確になっている。普天間飛行場返還合意時の官房長官だった梶山静六氏は98年、移設先が沖縄以外だと「必ず本土の反対勢力が組織的に住民投票運動を起こす」と辺野古を移設先とする理由を記していた。
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-575600.html



最古の「ゼロ」文字、3〜4世紀のインド書物に 英大学が特定(2017/09/16AFPBB News)
【9月16日 AFP】3〜4世紀のインドの書物に記された黒い点が、数字の「0(ゼロ)」の最古の使用例であることを、英オックスフォード大学(University of Oxford)のチームが特定した。この書物は、1881年に現パキスタン国内に位置する村で発掘されたカバノキの樹皮の巻物で、発見場所の村の名前にちなみ「バクシャーリー(Bakhshali)写本」と呼ばれている。1902年からオックスフォード大学のボドリアン図書館(Bodleian Libraries)で保管されてきた。バクシャーリー写本は、すでにインド最古の数学書であるとされていたものの、その年代についてはこれまでさまざまな意見が飛び交っていた。しかし同図書館の科学者チームが放射性炭素年代測定したところ、制作時期がこれまで考えられていたよりも約500年さかのぼる3〜4世紀であることが判明した。ゼロの最古の使用例はこれまで、インド・グワリオル(Gwalior)の寺院の壁に残る9世紀の碑銘だとされていた。ゼロを意味する文字はマヤやバビロニアといった古代文明でも使用されていたが、現在使われている「0」記号の起源は古代インドで使用されていた点記号だった。
http://www.afpbb.com/articles/-/3143151?cx_part=topstory&cx_position=3


posted by オダック at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする